土日祝日でも借りれるカードローンはこちら

専業主婦がキャッシングやカードローンを利用する方法

専業主婦であっても急にお金が必要になったり、思った以上にお金が必要になることは生活をしていればないことではありません。しかし2010年の改正貸金業法施行によって、収入のない専業主婦は貸金業者から融資を受けることはできなくなりました。改正貸金業法で総量規制が導入されたからです。総量規制は貸金業者が年収の三分の一以上の貸付をするのを制限する制度ですので、収入がない専業主婦では全くお金を借りることはできなくなりました。

しかし、収入が全く無い専業主婦でもお金を借りる方法はあります。

一つは銀行のカードローンを利用することです。銀行は貸金業者とは違い総量規制の対象外になっています。ただし、銀行のカードローンでは収入がなければ申し込みをすることができない銀行もありますが、配偶者に安定した収入がある場合には申し込みをすることができる銀行も多数あります。

もう一つは配偶者貸付という制度を利用することです。これは専業主婦だけではなく、配偶者の収入も合算して総量規制の制限まで融資を可能とする制度ですが、この制度を利用するためには配偶者を証明する書類や収入証明などがの複数の書類が必要となります。それに配偶者貸付を実施している金融期間は少ないのが事実です。


関連記事

このページの先頭へ